敏感肌ママのTRY!TRY!育児

敏感肌ママsigmaroseと3歳娘リカ子の育児日記。親子でコツコツ取り組む英語・絵本・筋トレ。

断捨離したい。家族3人でミニマリストになるには

家族3人の引越しを経験し、思ったことは

 
物が多すぎる!荷造りが大変!
 
ということです。
 
そして荷造りした後の何もない部屋の清々しさ。独身時代を思い出します。
 
 
 
私sigmaroseは、学生時代は物が多く片付けられなく、社会人になってからはその反動のお陰で、今で言うミニマリストでした。
 
単に貯金をしたくて物を買わなかったのと、学生時代の引越し料金が相当かかったので馬鹿らしくなり物を保有するのを辞めたのでした。
 
ミニマルインテリアに憧れてたのもありました。
当時はまだミニマリストという言葉は今のように流行っておらず、様々なスタイルのインテリアに憧れる中で、ミニマムインテリアという言葉を知りました。
 
ミニマムですっきりとした部屋を維持したいがために、物を厳選して購入していました。そのおかげで物は増えず貯金が増えました。
 
当時の趣味は、エクセルで家計簿をつけることと、Photoshopでイラストを描くこと。 どちらもお金がかかるのは初期投資のみで、物は増えません。不要な雑貨を再利用して新しくDIYするということも行っていましたが、あくまでリサイクルで、新しく道具を購入することはあまりありませんでした。
 
 
しかし、結婚してから少しずつ物は増えだします。あれだけ物を買わないと誓っていたのに。今思うと、共働きDINKSをしていたので、余裕があり、余暇も楽しみたい、趣味の道具や生活していく上での道具もこだわって揃えたいという理由からでした。
 
 
そして、とどめは子供が産まれてから。
 
子供の物って可愛いし安いのでどんどん買ってしまいます。じじばばからのプレゼントもよくもらっていました。自分のためには買う気が起こらないのに、子供の服やおもちゃはつい買ってあげたくなる不思議。
 
また、子連れの買い物はバタバタです。3歳近くなると買い物中にお菓子をせがまれ、ゆっくり買い物したいために1つだけと決めて買ってあげていました。
 
新生活を機に少し厳しくしていかなければ…(><)。
 
(しかしその後、厳しくしすぎたせいか、娘のリカ子が新居に慣れず旧居に戻りたいと泣くようになります…。ために色々と試すことになりました。)
 
 
 
こんな家族3人で果たしてミニマリストになれるのでしょうか。